Latest News JACET関西支部からの最新のお知らせです。2012年以前の過去ページはこちらから。

lecture 2018年度 第2回支部講演会のお知らせ

第2回関西支部講演会は,下記の通り予定しています。皆さまのご参加をお待ちしております。

  • 1. 日時:2018年10月13日(土)15:30~17:00
  • 2. 場所:同志社大学 今出川キャンパス 良心館409号 (地下鉄今出川駅北出口真上建物)
  •  交通アクセス
  • 3. 演題:高等学校指導要領に謳われた『英語の授業は英語で』の結果、影響、そして課題
  • 4. 演題と講師:(1) 「スペインの外国語教育制度からの示唆」
  •           植松 茂男 先生(同志社大学)
  •         (2) 「イタリアの外国語教育制度からの示唆」
  •           二五 義博 先生(海上保安大学校)
  •         (3) 「オランダの外国語教育制度からの示唆」
  •           高坂 京子 先生(立命館大学)
  •         (4) 「ドイツの外国語教育制度からの示唆」
  •           杉谷 眞佐子 先生(関西大学名誉教授)
  •         (5) 「‘Happy Slave Syndrome' からの覚醒」
  •           大谷 泰照 先生(大阪大学名誉教授)
  • 5. 概要:1999年、ドイツ・ケルンにて、初めて先進国首脳会議で教育問題が取り上げられ、「21世紀は教育の世紀」であることが確認された。各国が「教育」を優先すべき課題と位置づけ、それ以降、世界の教育改革の動きは、目を見張るものがある。国境を跨ぐ可動性が活発化し、遍在する情報網が豊かになった今、教育は一国内だけで考慮されるべき課題ではなくなり、世界の潮流を注視しながら、共に歩調を合わせるべきものとなっている。とりわけ、異言語教育・外国語教育においては、異文化間の摩擦を如何に武力に頼らずに解決するか、その解決策に果たす役割は大きい。
  •  本シンポジウムでは、そのような現代社会の課題と前世紀の戦争の歴史への反省を教育に反映させているEU諸国(スペイン、イタリア、オランダ、ドイツ)の実践と課題を、複言語・複文化主義を根底に置いた外国語教育、早期外国語教育、母語教育、また、言語教育で扱う題材、CLILなどの教育方法の点から、現地調査を通して報告する。国際軸を通して日本の外国語教育の視座を確認し、日本の外国語教育の課題点、日本の教育が陥っている深刻な‘Happy Slave Syndrome' の実態、教育指針の構築に資する点を考究し、日本の教育行政が取り組むべき課題、とくに外国語教育の向かうべき方向性を提言する。

  • フライヤー (Flyer)

  • The JACET Kansai Second Lecture Meeting of this academic year will be held as follows:
  • 1. Date: Saturday, October 13, 2018, 15:30–17:00
  • 2. Venue: Ryoshinkan Building 409, Doshisha University Imadegawa Campus
  •  Access
  • 3. Symposium: Foreign Language Education in Japan from International Perspectives: Educational Policy Implications from Findings in the EU
  • 4. Speakers:(1) OTANI Yasuteru (Professor, Osaka University)
  •        (2) UEMATSU Shigeo (Professor, Doshisha University)
  •        (3) NIGO Yoshihiro (Professor, Japan Coast Guard Academy)
  •        (4) KOSAKA Kyoko (Professor, Ritsumeikan University)
  •        (5) SUGITANI Masako (Professor Emeritus, Kansai University)
  • 5. Abstract: Many nations have been struggling to work on new educational policy implementation since educational issues were discussed for the first time as one of the major agenda items at the G8 Summit Meeting at Köln, Germany in 1999. For the last couple of decades, active global mobility and ubiquitous access to the Internet have made us realize that educational issues should not be discussed only within a domestic community, but also at the global community level. Consequently, we need to further develop our educational policies, looking at the current situation from international perspectives. Above all, issues of foreign language education must be discussed world-wide because it is believed that languages should have a key role in building a peaceful society and contributing to greater cross-cultural understanding.
  •  At the symposium, several findings will be reported from an examination of educational issues in the European Union, where efforts to build a peaceful international community have necessitated overcoming friction in terms of history, economics, political thought and racial issues through education. Particularly, findings from the research on language issues such as plurilingualism and pluriculturalism for a mutual understanding, early-aged foreign language education, mother tongue education, and CLIL in Spain, Italy, the Netherlands and Germany will be discussed. Also, some implications and proposals on education policy in Japan will be presented. Some of the proposals will include mental chains called ‘happy slaves,’ which have led to a reconsideration of popularly held beliefs about language education in this country.
  • We look forward to meeting you all.
  • lecture 2018年度JACET関西支部大会 発表募集のご案内(応募は締め切らせていただきました)

    2018年度JACET関西支部大会が、11月17日(土)に関西学院大学にて開催されます。発表をご希望の方は、次の要領でWEBフォームよりご応募ください。教員だけでなく、大学院生の会員による応募も歓迎いたします。会員の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

      1. 日時:2018年11月17日(土)
      2. 場所:関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス
      3. 応募期限:2018年9月15日(土)(応募は締め切らせていただきました)

      2018年度JACET関西支部大会発表申込フォーム

      発表は、英語教育および関連分野に関する内容で、未発表のものに限ります。また、発表者は、共同研究者も含めて、申込時にJACETの会員である必要があります。発表言語は、日本語または英語です。

      発表種別・時間に関しては、以下の通りです。

      1. ワークショップ:発表者は1名~数名。参加者によるタスク活動を含む。90分。
      2. コロキアム:発表者は数名。特定のテーマについての議論を行う。90分。
      3. 研究発表:理論的、実証的な研究成果に関する発表を行う。30分(発表20分+質疑10分)。
      4. 実践報告:授業実践やカリキュラム改革に関する発表を行う。30分(発表20分+質疑10分)。
      5. ポスター発表:研究・実践内容について発表し、参加者と自由に議論を行う。コアタイム60分。

      応募の期限は、2018年9月15日(土)午後11時59分 です。応募に際しては以下の情報が必要となりますので、あらかじめご準備ください。

      1. A) 応募情報
      2. a) 発表形式:ワークショップ、コロキアム、研究発表、実践報告、ポスター発表の別
      3. b) 発表題目(日本語および英語、英語の場合はタイトルの各単語をキャピタライズしてください)
      4. c) 発表者情報(共同発表者は氏名と所属のみ):氏名(漢字とローマ字)、所属(日本語と英語)、E-mailアドレス
      5. d) 発表に使用する言語(日本語もしくは英語)
      6. e) 使用希望機器(無い場合は「なし」を選択)

      1. B) 発表要旨
      2. a) 内容:「研究発表」の場合は、目的、仮説(リサーチクエスチョン)、研究方法、結果、考察を、「実践報告」の場合は、背景、具体的内容、実践結果に対する考察を簡潔に明記ください。「ポスター」の場合も扱う内容に応じ、これらに準ずることとします。なお、「ワークショップ」「コロキアム」は目的、対象、手法を詳しく明記してください。いずれの場合も引用文献リストは要旨に含めません。
      3. b) 分量:日本語の場合は400字~500字、英語の場合は200~250 wordsとし、要旨末尾に字数ないし語数を丸カッコ書きで明記することとします。

      審査は、JACET関西支部研究企画委員会にて行います。また、審査結果は、10月2日(火)以降にE-mailにて通知します。またフィードバックを必要に応じて行います。

      審査結果の通知後の辞退は原則としてできません。

      The 2018 Annual Conference of the JACET Kansai Chapter will be held at Nishinomiya Uegahara Campus of Kwansei Gakuin University on Saturday, November 17. JACET members are invited to present proposals for research papers, practical reports, poster sessions, workshops, and colloquia. Applications are also welcome from graduate students. Please fill in the application form, which will be available on July 1st, and send it to us no later than 23:59 on September 15th, 2018.

      The 2018 Annual Conference of the JACET Kansai Chapter Application form

      1. The conditions and procedures for proposals are as follows:
      2. 1) Proposed topics should be relevant to English education and related fields. The proposed material should not have been presented elsewhere.
      3. 2) Prospective presenters (both representative presenters and collaborators) must be JACET members at the time of submission.
      4. 3) The language for presentation should be either English or Japanese.
      5. 4) Presentation types and time allotments are as follows:
      6. ・Workshops: Presenter(s) will guide participants in specific tasks. 90 minutes.
      7. ・Colloquia: Each presenter gives a presentation followed by discussion among the presenters and with the floor. 90 minutes.
      8. ・Research papers: Presenter(s) will describe theoretical or empirical research. 30 minutes (20 min for presentation; 10 min for Q & A).
      9. ・Practical reports: Presenter(s) will describe classroom activities or ELT curriculum innovation. 30 minutes (20 min for presentation; 10 min for Q & A).
      10. ・Poster presentations: Presenter(s) will participate in one-on-one discussion of research or practical report using a poster. 60 minutes (core time).
      11. 5) A web-based proposal form will be available at the web site of JACET Kansai Chapter (http:// www.jacet-kansai.org) from July 1.

      1. A) Application form:
      2. a) Type of proposal (research paper, practical report, poster session, workshop, or colloquium)
      3. b) Title of proposal (English and Japanese)
      4. c) Information about applicant(s): name, affiliation, e-mail address
      5. d) Language for presentation (English or Japanese)
      6. e) Equipment required

      1. B) Abstract:
      2. a) For a research paper, describe the purpose of the research, research question(s), research method(s), results and discussion. For a practical report, give the background of the report, details, conclusion, and other relevant information. Do not include references in the abstract.
      3. b) Should be 200-250 words if in English or 400-500 characters if in Japanese. Give word count in parentheses at end of abstract.
      4. c) If not a native speaker of the language used, have a native speaker check the abstract before submission.

      Submission deadline: 11:59 pm, September 15th, 2018.

      The proposals will be peer-reviewed by the Research Planning Committee.

      Review results and feedback, as necessary, will be sent by after October 2.

      Cancellation after the acceptance of the presentation is not permitted in principle.

      lecture 2018年度 第1回支部講演会が開催されました。

      JACET関西支部2018年度第1回支部講演会が、2018年8月19日(日)に神戸国際会館で開催されました。講演会には42名の参加があり、岩井千秋先生より、『英語の授業は英語で (TEE policy)』についての経年アンケート調査結果をご報告後、TEE policyの疑問と課題についてお話をいただき、質疑応答を含めて非常に充実した時間となりました。講演会後の茶話会にも講師の先生を含めて18名の皆様にご参加をいただき、和やかに親交を深めることができました。多くの皆様のご参加、ご協力誠に有難うございました。

      • 日時 : 2018年8月19日(日)15:30~17:00
      • 場所 : 神戸国際会館 805号会議室
      • 講師 : 岩井 千秋 先生(広島市立大学国際学部教授)
      • 題目 : 高等学校指導要領に謳われた『英語の授業は英語で (TEE policy)』の結果と影響、そして疑問と課題

      The first Lecture Meeting of the 2018 academic year was held on August 19th at Kobe International House with 41 participants. Eighteen participants joined an information exchange meeting after the lecture.

    • Date : August 19, 2018
    • Venue : Kobe International House
    • Speaker : Chiaki IWAI (Professor, Hiroshima City University)
    • Title: Consequence, Influence, and Problems of “Teaching English in English (TEE)” Required Through the High School Course of Study

article NL81号完成のお知らせ

ニューズレター81号が完成いたしました。ぜひご一読ください。

Please have a read through the newsletter #81.

81号 / #81

lecture 2018年度 第1回支部講演会のお知らせ

悪天候と交通機関の状況により7月7日(土)から延期されましたJACET関西支部第1回講演会ですが、下記の日程で開催されることとなりました。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

  • 1. 日時:2018年8月19日(日)15:30~17:00
  • 2. 場所:神戸国際会館 805号会議室 (三宮「三ノ宮」 駅から地下で直結)
  •  交通アクセス
  • 3. 演題:高等学校指導要領に謳われた『英語の授業は英語で』の結果、影響、そして課題
  • 4. 講師:岩井 千秋 先生(広島市立大学国際学部教授)
  • 5. 概要:英語の授業を英語で行う(TEE)ことの是非はこれまで多くの研究者や英語教師によって繰り返し議論されてきました。近年では教える内容や学習者のニーズに応じて学習者のL1を効果的に使用すべきという考えが主流になりつつあります。しかし、そんな中、2013に施行された高等学校学習指導要領には「授業を実際のコミュニケーションの場面とするため、授業は英語で行うことを基本とする」基準が盛り込まれ、世間の耳目を集めました。
  •  講演者は、指導要領のこの基準がやがて大学に入学してくる学生に何らかの影響を及ぼすと予想し、5年前の2014年に6名の研究仲間とともに、経年的にその影響を調査するプロジェクトを立ち上げました。そして、2014-2017 の間にアンケート調査(大学生回答者数、延べ約6千名)や面接調査(大学英語教師24名、学生30名)を行いました。収集データを分析した結果でもっとも重要な点は、指導要領に盛り込まれた基準は学習者にほとんど影響しなかったことです。講演ではこの研究調査の結果を紹介するとともに、参加者の皆様と一緒に、何がこの教育政策の問題であったのか、さらに日本のような状況でTEEを実践するのに何が必要かについて考えてみたいと思います。
  • フライヤー (Flyer)

  • The JACET Kansai First Lecture Meeting of this academic year will be held as follows:
  • 1. Date: Sunday, August 19, 2018, 15:30–17:00
  • 2. Venue: Room 805, Kobe International House
  •  Access
  • 3. Title: Consequence, Influence, and Problems of “Teaching English in English (TEE)” Required Through the High School Course of Study
  • 4. Speaker: Chiaki IWAI (Professor, Hiroshima City University)
  • 5. Abstract: Whether or not we should teach English in English (TEE): this is a long-lasting controversy among second language researchers and practitioners. The pendulum of the recent TEE argument has swung more toward an integration of L1 and L2, and some researchers (e.g., Swain & Lapkin, 2000) encourages judicious L1 use. Despite such circumstances, the well-known TEE policy, i.e., “[English subject] classes, in principle, should be conducted in English”, was officially introduced in this country by the Ministry of Education into high schools through the Course of Study enacted in 2013.
  • Assuming that the influence of this policy would not be limited to senior high school English education, the speaker launched an empirical project five years ago along with six other researchers to longitudinally examine the TEE policy’s influence on English education and university English learners. The project collected both quantitative data (questionnaire responses from about 6,000 students) and qualitative data (interviews with 24 teachers and 30 students) from 2014 to 2017. The most important finding was that the TEE policy had little impact on actual teaching and on the learners themselves. By presenting outcomes from this project, the speaker would like to discuss with the audience, the problems of the TEE policy and necessary conditions to promote TEE in the Japanese EFL context.
  • We look forward to meeting you all.
  • lecture 2018年度 第1回支部講演会の延期のお知らせ

    7月7日(土)に開催を予定されておりました2018年度第1回JACET関西支部講演会は悪天候と交通機関の状況により延期いたします。今後の講演会の日程等につきましてはHP等で追ってご連絡させていただきます。

      lectureJACET関西支部紀要編集委員会から論文募集のお知らせ

       『JACET関西紀要』21号(2019年3月末刊行予定)への投稿を2018年7月1日より受け付けます。従来の査読対象となる研究論文・研究ノートに加えて、今年度よりJACET国際大会・支部大会での発表や関西支部各研究会での実践・発表に基づいた実践報告を校閲のみで掲載させていただくことになりました。刊行規定投稿要領をご覧いただき、奮ってご投稿ください。

      • 【投稿受付】
      •  2018年7月1日~2018年9月30日(必着)
      • 【投稿論文の要件・種別・分量】
      •  投稿要領をご覧ください。
      • 【投稿手順】
      •  行き違いなどを防ぐため、以下の順序でご投稿をお願い申し上げます。
      • (1)web投稿申し込みページ にて、投稿申し込みを行う。
      • (2) 投稿原稿(WORD版およびPDF版)ならびにチェックリストを事務局(jacetkj[AT]gmail.com) へ送付する。
      • ※(1)web投稿申し込み、ならびに(2)投稿原稿のふたつが事務局に届いた時点で、応募が完了いたします。
      • 【注意事項】
      • (1) 今年度のJACET年会費をお支払い済みであることをご確認ください。
      • (2) 採択後の初校、再校で大幅な書き直しや変更などがないようにお願い申し上げます。投稿に際しましては誤字脱字、グラフや表に誤りがないかなど入念なご確認をお願い申し上げます。
      • 多くのご投稿をお待ちしております。

        lectureJACET関西支部紀要編集委員会からのお知らせ

         JACET関西支部紀要の原稿の募集を平成30年7月1日から開始いたします。投稿要領の変更がありますので、ご確認ください。締切は平成30年9月30日となっております。みなさま,ふるってご応募ください。

          投稿要領 (Submission Guidelines)

          多くのご投稿をお待ちしております。

          lecture 2018年度 第1回支部講演会のお知らせ

          下記の通り、2018年度第1回JACET関西支部講演会を開催いたします。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

          • 1. 日時:2018年7月7日(土)15:30~17:00
          • 2. 場所:神戸国際会館 701号会議室 (三宮「三ノ宮」 駅から地下で直結)
          •  交通アクセス
          • 3. 演題:高等学校指導要領に謳われた『英語の授業は英語で』の結果、影響、そして課題
          • 4. 講師:岩井 千秋 先生(広島市立大学国際学部教授)
          • 5. 概要:英語の授業を英語で行う(TEE)ことの是非はこれまで多くの研究者や英語教師によって繰り返し議論されてきました。近年では教える内容や学習者のニーズに応じて学習者のL1を効果的に使用すべきという考えが主流になりつつあります。しかし、そんな中、2013に施行された高等学校学習指導要領には「授業を実際のコミュニケーションの場面とするため、授業は英語で行うことを基本とする」基準が盛り込まれ、世間の耳目を集めました。
          •  講演者は、指導要領のこの基準がやがて大学に入学してくる学生に何らかの影響を及ぼすと予想し、5年前の2014年に6名の研究仲間とともに、経年的にその影響を調査するプロジェクトを立ち上げました。そして、2014-2017 の間にアンケート調査(大学生回答者数、延べ約6千名)や面接調査(大学英語教師24名、学生30名)を行いました。収集データを分析した結果でもっとも重要な点は、指導要領に盛り込まれた基準は学習者にほとんど影響しなかったことです。講演ではこの研究調査の結果を紹介するとともに、参加者の皆様と一緒に、何がこの教育政策の問題であったのか、さらに日本のような状況でTEEを実践するのに何が必要かについて考えてみたいと思います。
          • フライヤー (Flyer)

          • The JACET Kansai First Lecture Meeting of this academic year will be held as follows:
          • 1. Date: Saturday, July 7, 2018, 15:30–17:00
          • 2. Venue: Room 701, Kobe International House
          •  Access
          • 3. Title: Consequence, Influence, and Problems of “Teaching English in English (TEE)” Required Through the High School Course of Study
          • 4. Speaker: Chiaki IWAI (Professor, Hiroshima City University)
          • 5. Abstract: Whether or not we should teach English in English (TEE): this is a long-lasting controversy among second language researchers and practitioners. The pendulum of the recent TEE argument has swung more toward an integration of L1 and L2, and some researchers (e.g., Swain & Lapkin, 2000) encourages judicious L1 use. Despite such circumstances, the well-known TEE policy, i.e., “[English subject] classes, in principle, should be conducted in English”, was officially introduced in this country by the Ministry of Education into high schools through the Course of Study enacted in 2013.
          • Assuming that the influence of this policy would not be limited to senior high school English education, the speaker launched an empirical project five years ago along with six other researchers to longitudinally examine the TEE policy’s influence on English education and university English learners. The project collected both quantitative data (questionnaire responses from about 6,000 students) and qualitative data (interviews with 24 teachers and 30 students) from 2014 to 2017. The most important finding was that the TEE policy had little impact on actual teaching and on the learners themselves. By presenting outcomes from this project, the speaker would like to discuss with the audience, the problems of the TEE policy and necessary conditions to promote TEE in the Japanese EFL context.
          • We look forward to meeting you all.
          • lecture 2017年度 第3回支部講演会が開催されました。

            JACET関西支部2017年度第3回支部講演会が、2018年3月10日(土)に大阪電気通信大学 駅前キャンパスで開催されました。講演には42名の参加があり、野口 ジュディー 津多江 先生より、これまでご自身の学ばれてきたご経験と様々な分野の研究とを関連させながら学生への指導についてお話をいただき、質疑応答を含めて非常に充実した時間となりました。講演会後の茶話会にも講師の先生を含めて28名の皆様にご参加をいただき、和やかに親交を深めることができました。多くの皆様のご参加、ご協力誠に有難うございました。

            • 日時 : 2018 年3月10日(土)15:30~17:00
            • 場所 : 大阪電気通信大学 駅前キャンパス1階101多目的ホール
            • 講師 : 野口 ジュディー 津多江 先生(神戸学院大学名誉教授)
            • 題目 :Why I teach the way I teach: Snapshots from a learning journey

            The third Lecture Meeting of the 2017 academic year was held on March 10th at Campus in front of the station, Osaka Electro-Communication University with 42 participants. Twenty one participants joined an information exchange meeting after the lecture.

          • Date : March 10, 2018
          • Venue : Campus in front of the station, Osaka Electro-Communication University
          • Speaker : Judy Tsutae Noguchi (Professor Emerita, Kobe Gakuin University)
          • Title: Why I teach the way I teach: Snapshots from a learning journey

        lecture 2017年度 第3回支部講演会のお知らせ

        下記の通り、2017年度第3回JACET関西支部講演会を開催いたします。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

        • 1. 日時:2018年3月10日(土)15:30~17:00
        • 2. 場所:大阪電気通信大学 駅前キャンパス1階101多目的ホール (京阪本線「寝屋川市駅」より徒歩3分)
        •  交通アクセス
        • 3. 演題:Why I teach the way I teach: Snapshots from a learning journey
        • 4. 講師:野口 ジュディー 津多江 先生(神戸学院大学名誉教授)
        • 5. 概要:Learning can occur in many forms and therefore teachers need to be able to accommodate diverse learning styles and personalities. I try to do this by abiding by “rules” which have been laid through personal experiences and are supported by work in psychology and education research. The rules are as follows: (1) respect the students and their work (snapshot from elementary school: the case of the elongated dog), (2) show genuine interest and approval when merited (from intermediate school: the awkward propeller), (3) believe that your students can do it (from high school: the drunken flower), (4) acquire language as a user (from life in Japan: different communities, different discourses), and (5) continue your own development as a learner (status quo: interacting with Generation Z and promoting 21st century skills). My overall view is one of education as a “socializing” process, but my hope is that these “rules” will help me give my students the leeway to retain their individual creativity while actively participating in the communities with which they choose to interact.

        • フライヤー (Flyer)

        • The JACET Kansai Third Lecture Meeting of this academic year will be held as follows:
        • 1. Date: Saturday, March 10, 2018, 15:30-17:00
        • 2. Venue: Hall 101, Campus in front of the station, Osaka Electro-Communication University
        •  Access
        • 3. Title: Why I teach the way I teach: Snapshots from a learning journey
        • 4. Speaker: Judy Tsutae Noguchi (Professor Emerita, Kobe Gakuin University)
        • 5. Abstract: Learning can occur in many forms and therefore teachers need to be able to accommodate diverse learning styles and personalities. I try to do this by abiding by “rules” which have been laid through personal experiences and are supported by work in psychology and education research. The rules are as follows: (1) respect the students and their work (snapshot from elementary school: the case of the elongated dog), (2) show genuine interest and approval when merited (from intermediate school: the awkward propeller), (3) believe that your students can do it (from high school: the drunken flower), (4) acquire language as a user (from life in Japan: different communities, different discourses), and (5) continue your own development as a learner (status quo: interacting with Generation Z and promoting 21st century skills). My overall view is one of education as a “socializing” process, but my hope is that these “rules” will help me give my students the leeway to retain their individual creativity while actively participating in the communities with which they choose to interact.
        • We look forward to meeting you all.
        • lecture 2017年度JACET関西支部秋季大会が開催されました。

          2017年度JACET関西支部秋季大会が,2017年11月25日(土)に大阪樟蔭女子大学小阪キャンパスにて開催されました。 関西支部秋季大会では,研究発表、実践報告、ポスター発表において8件の興味深いご発表がいただけました。企画ワークショップでは、スチュアート マクリーン先生(大阪女学院大学)に「The Benefits, Challenges and Results of Making a Research Based Vocabulary Program」というテーマで貴重なお話を賜りました。特別講演では植松茂男先生(同志社大学)に「イタリアに於けるCLILの現状と課題」と題する大変参考になるお話をいただきました。また1件目のコロキアムにおいては村上裕美先生(関西外国語大学短期大学部)、工藤泰三先生(名古屋学院大学)・冨田房敬様(株式会社京進/ Kyoshin.  CO. LTD.)に「授業学と私:授業の劇的 before & after」というテーマで、2件目のコロキアムでは宮永正治先生(近畿大学)・山下美朋先生(立命館大学)・近藤雪絵先生(立命館大学)に「グローバルに活躍できる英語能力の習得への3つの異なるアプローチ(ESP、EAP、プロジェクト発信型)間の連携を探る」と題して貴重なお話をいただきました。大会の締めくくりとしての基調講演では、染谷泰正先生(関西大学)に「Input-Output統合型授業を中心とした4年一貫型の教養英語カリキュラムの構想と課題~関西大学の挑戦」と題してお話をいただき、聴衆の皆様が熱心に耳を傾けておられる姿が印象に残りました。本大会はJACET会員77名、非会員19名を含む計96名の参加をいただき,また大会後の懇親会には43名の皆様にご参加をいただき盛況に開催されましたことをご報告いたします。

          The JACET Kansai Chapter Fall Conference was held on November 25th at Osaka Shoin Women’s University Kosaka Campus. An invited workshop was held by Stuart McLean (Osaka Jogakuin University) on “The Benefits, Challenges and Results of Making a Research Based Vocabulary Program”. A special talk was presented by UEMATSU, Shigeo(Doshisha University)on "Current Situations and Issues of CLIL in Italy?". Two colloquiums were held by MURAKAMI, Hiromi(Kansai Gaidai College),KUDO, Taizo(Nagoya Gakuin University), and TOMITA, Fusanori(Kyoshin. CO. LTD.)on "My Developmental Education: Dramatic Changes on Lessons", and by MIYANAGA, Shoji(Kindai University), YAMASHITA, Miho(Ritsumeikan University), and KONDO, Yukie(Ritsumeikan University)on "Exploring Collaboration Among Instructors of ESP, EAP, and Project-based English: Three Different Approaches to Developing Global Communicative Competence". Finally, a keynote lecture was given by SOMEYA, Yasumasa(Kansai University) on "A Proposal of a 4-Year Non-Major English Curriculum Centering on Input-Output Integrated Classroom Activities -- A Challenge Being Made at Kansai University".

          <企画ワークショップ>「The Benefits, Challenges, and Results of Making a Research Based Vocabulary Program」 講師:Stuart McLean先生(大阪女学院大学)

          本ワークショップでは、語彙研究に基づいたプログラムを作成、実施した成果や課題が大阪女学院大学のStuart McLean先生によって紹介された。ワークショップは、そもそも語彙プログラムは必要か、という問から始まった。McLean先生は、様々な研究成果から、語彙プログラムが必要な理由を示し、段階を踏んで語彙学習に有効な語彙プログラムを作成するために考慮すべき点を説明された。具体的な関連研究としてmeaning-recallの重要性、検索難易度を高めること(意味、形式、再認、再生を組み合わせる等)、spaced rehearsal(間隔反復)の必要性、音声と文字の両方の形式で呈示すること、コンテキストと学習者のL1使用の重要性、適切なword counting unitを使用すること等を、ご自身の研究成果も含めてお話をされた。McLean先生はそれらの研究成果に基づき、参加者の声を取り入れ、作成すべきプログラムについて具体的な事例を呈示しながら、分かりやすく説明されていた。ワークショップの後半では、大阪女学院大学で実際に作成した、例えばスマートフォーンやiPadで実際に呈示される画面等を示された。大阪女学院大学では、学生がペアを組んで語彙テストを実施しているが、その実施方法を説明した動画があり、user friendlyだと感じた。カンニングが行われるのではないかという心配をよそに、このテストを授業冒頭に実施することにより遅刻がなくなり、TOEICのスコアが他のクラスと比較して飛躍的に伸びたとのことだった。本ワークショップで紹介された語彙プログラムは実証的な研究に基づいており、非常に説得力がある内容であったため、実際に語彙プログラムを作成し、教育現場で使用する際に一助となると考える。 報告者:松田紀子(藍野大学)

          <特別講演>「イタリアに於けるCLILの現状と課題」 」 講師:植松 茂男先生(同志社大学)

          本特別講演では、北部イタリアの特別区で取り組まれているCLIL授業(英語、ドイツ語、イタリア語の3言語政策の発展型)の実例を示しながら、EU、及びイタリアにおけるCLIL授業を取り巻く現状と課題について言及された。EU結成当初からの加盟国であるイタリアでは、EUの複言語政策に従いこれまでもいくつかのCLILプロジェクトが実施されてきた。また、教育省主導で2010年に公立の後期中等学校でのCLIL必修化の法案が出され、2013年から公立の後期中等学校5年次で必修化が開始となった。しかしイタリア人学習者の英語力はEU加盟国中最低レベルであり、それと連動するようにイタリア人教員の外国語力もEU内で一番低いとの研究調査報告がある。このような状況であるにも関わらず、教育省からは言語・内容双方でCLIL教授資格として、教員にCEFRでC1レベル以上の外国語力(英語力)が求められており、ニーズは大きいが現場には大きな負担になっていることが指摘された。  イタリアにおける言語政策・言語教育の現状について説明があった後、植松先生がイタリアのトレント市を中心とするトレンティーノ=アルト=アディジェ州内の小学校・中学校・高校でビデオ・インタビュー取材した内容や、授業の視察に関するお話があった。実際のビデオ映像を交えながら、イタリアのCLIL授業における問題点が指摘された。主な問題点としては、CLILを導入するためには、語学力だけではなく教員の優れた学級経営力が必要であること、言語・内容のティーム・ティーチングの難しさ、CLILを実施するための準備と手間の煩雑さ、教員が英語力をC1レベルまで上げることの難しさ、給与待遇の悪さが挙げられていた。こうした問題を解決するには、政府による大規模で長期に渡るサポートが必要だが、政権が頻繁に交代するのでなかなか実現が難しいようである。  最後にこうしたイタリアでのフィールド調査で得られた現状と問題点の分析から、日本の今後の外国語教育施策を考える上で必要な事として以下の6点が挙げられた。
        • 日本の外国語教育施策を考える上で必要な事
        • ・外国語教員養成、現職教員研修制度の充実(海外では教育実習は半年から1年、教員の 派遣留学もEU域内ではよくある)
        • ・英語だけではなく、第2、3外国語の準備をすること
        • ・外国語教育における「習熟度別・少人数」の徹底
        • ・教育の多様性を認めること(障害児の通常クラス参加等)
        • ・教育予算の先行投資-国家100年の大計
        • ・何のために外国語を学ぶのかを明確にすること
        • 報告者:吉村征洋(摂南大学)
        • <基調講演>「Input-Output統合型授業を中心とした4年一貫型の教養英語カリキュラムの構想と課題~関西大学の挑戦」 講師:染谷 泰正先生(関西大学)

          関西大学では、全学対象の教養英語カリキュラムを全面的に刷新すべく、2015年度から、完成年度の2018年度に向けて、適宜修正を加えながら計画案を順次実施に移している。染谷先生は、統括座長としてこの改革を牽引してこられたが、新カリキュラムの特徴として、次の5つを挙げられた。1) Reading/WritingとListening/Speakingの組み合わせによる技能統合型授業(1・2年次生向けの習熟度別クラス編成授業)、2) Input-Output統合型授業、3) 基礎語彙と文法項目の復習を目的とした独自開発によるe-learningプログラムを使った共通副教材の導入、4) 最終学年におけるイマージョン型授業(学内留学型授業)の履修に向けた「4年一貫型」の英語教育、5) 各科目における共通指導項目・達成目標を、「共通コアコンピテンス」として設定し、授業内容を共通化。  ご講演では、この5点を中心に、新カリキュラムの内容を具体的にご説明いただいた。また、実践報告として、新カリキュラムの理念に沿って実施された授業の一部がビデオを交えて紹介された。この実践報告では、まず英語によるビデオ講義の内容を学生が各自ノートに落とし、そのノートに基づいて講義の内容を口頭再現(要約再現)するという一連のタスクを行っている様子をご紹介いただいた。これは、「インプットから始まりアウトプットで終わる授業」の一例として紹介されたものであったが、全体として実に効果的な学習方法であると感じられた。また、授業が単なる英語の学習に留まることなく、基本的なアカデミックスキルの習得にもつながるように工夫されている点も大いに感心した次第である。  改革はまだ始動したばかりで、今後、様々な問題や変更が生じることが予想されるが、新しい理念のもと創意工夫を凝らした授業が行われることを期待すると結ばれた。なお、今般のご講演内容は、あくまでも個人的な見解であることを強調された。2018年3月のご退職を前に、染谷先生の学生第一をモットーにした英語教育に対する熱い情熱がひしひしと伝わる心温まるご講演であった。  報告者:赤尾美和(近畿大学)

          lecture 2017年度 JACET関西支部秋季大会のお知らせ (事前参加申込み不要)

          2017年度関西支部秋季大会を11月25日(土)に大阪樟蔭女子大学小阪キャンパスにて開催いたします。皆様、是非とも奮ってご参加ください。

          • 日時 : 2017年 11月25日(土)
          • 場所 : 大阪樟蔭女子大学小阪キャンパス 交通アクセス
          • 基調講演:「Input-Output統合型授業を中心とした4年一貫型の教養英語カリキュラムの構想と課題~関西大学の挑戦」
          • 講師:染谷 泰正 先生(関西大学)
          • 特別講演:「イタリアに於けるCLILの現状と課題」
          • 講師:植松 茂男 先生(同志社大学)
          • 企画ワークショップ:「The Benefits, Challenges and Results of Making a Research Based Vocabulary Program」
          • 講師:スチュアート マクリーン 先生(大阪女学院大学)
          • 参加費:(秋季大会)JACET会員は無料、非会員は1,000円
          • 事前参加申し込みは不要です。
          • その他、研究発表、実践報告、コロキアム、ポスター発表、賛助会員発表なども多数行われる予定です。春季大会の詳細やプログラムにつきましては、以下をご覧ください。
          • プログラム (Program)改訂版

          • ※郵送のプログラムに誤りがございました。正しいプログラムはこちらをご参照ください。
          • 概要 (Abstracts)

            フライヤー (Flyer)

          • <秋季大会懇親会 事前申込のお願い>
          • ◆◆事前申込みの上、当日支払いでございます◆◆
          • 日時時間: 11月25日(土) 18:30-20:00
          • 場所: カフェラウンジ (芳情館1階)
          • 懇親会の事前申込を御希望の方は、
          • 1)氏名 2)所属
          • を明記のうえ,必ず下記メールアドレスまでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。締切 11月15日(水)
          • 申込先: akiusami@mukogawa-u.ac.jp   「JACET関西支部懇親会事前申込受付係(担当:宇佐美)」
          • 懇親会費:5,000円(大会当日に受付でお支払いいただきます)なお当日申込の場合は、懇親会費が6,000円となりますのでご注意ください。

        The 2017 Fall Conference of the JACET Kansai Chapter will be held on Saturday, November 25th at Osaka Shoin Women’s University Kosaka Campus, featuring presentations, workshop and colloquium in various areas of English education.

        • Kansai Chapter Fall Conference
        • Keynote Lecture
        • “A Proposal of a 4-year Non-major English Curriculum Centering on Input-output Integrated Classroom Activities—A challenge being made at Kansai University”
        • Lecturer: Yasumasa Someya (Kansai University)
        • Special Talk
        • “Current Situation and Issues of CLIL in Italy”
        • Lecturer: Shigeo Uematsu (Doshisha University)
        • Invited Workshop
        • “The Benefits, Challenges and Results of Making a Research Based Vocabulary Program”
        • Lecturer: Stuart McLean (Osaka Jogakuin University)

        Reserve a place by sending an email message entitled [JACET Kansai Conference Party Reservation] with your name and affiliation to akiusami@mukogawa-u.ac.jp by Wednesday, November 15th. Pay the 5,000 yen fee on site. Payment at the door without reservation is 6,000 yen. Looking forward to seeing you all there.

        article NL79号完成のお知らせ

        ニューズレター79号が完成いたしました。ぜひご一読ください。

        Please have a read through the newsletter #79.

        79号 / #79

        lecture 2017年度 第2回支部講演会が開催されました。

        JACET関西支部2017年度第2回支部講演会が、2017年10月14日(土)に同志社大学今出川キャンパスで開催されました。講演には56名の参加があり、ESP研究会企画としてロバート パーキンス先生、石川有香先生、服部圭子先生より、各専門分野に応じて開発なされた教材についてご紹介があり、活用する上での工夫についてお話いただきました。質疑応答を含めて非常に充実した時間となり、講演会後の茶話会にも講師の先生を含めて多くの皆様にご参加をいただき、和やかに親交を深めることができました。多くの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

        • 日時 : 2017 年10月14日(土)15:30~17:00
        • 場所 : 同志社大学 今出川キャンパス
        • 演題と講師:(1) 「日本人医学生のための英語問診教材の評価」
        •           ロバート パーキンス 先生(京都府立医科大学)
        •       (2) 「工学系学習者のためのe-Learning語彙学習システム」
        •           石川 有香 先生(名古屋工業大学)
        •       (3) 「学部・大学院の連携による生命科学系教材」
        •           服部 圭子 先生(近畿大学)

        The second Lecture Meeting of the 2017 academic year was held on October 14th at Doshisha University Imadegawa Campus with 56 participants. The three speakers from the ESP SIG shared with the participants about their ESP materials and talked about how to use them effectively. After the symposium, the speakers and the participants joined a tea party.

      • Date : October 14, 2017
      • Venue : Doshisha University Imadegawa Campus
      • Titles & Speakers:(1) Evaluating history taking instructional materials for Japanese medical students
      •             Prof. Robert Perkins (Kyoto Prefectural University of Medicine)
      •          (2) A vocabulary e-Learning system for engineering students
      •             Prof. Yuka Ishikawa (Nagoya Institute of Technology)
      •          (3) ESP materials and instructor manuals for undergraduate and graduate students in life sciences
      •             Prof. Keiko Hattori (Kindai University)

    lecture 2017年度 第2回支部講演会のお知らせ

    2017年10月14日の第2回支部講演会は、ESP研究会によるシンポジウムとなります。皆様のご参加をお待ちしております。

    • 1. 日時:2017年10月14日(土)15:30~17:00
    • 2. 場所:同志社大学 今出川キャンパス 良心館4階 409室
    •  交通アクセス
    • 3. テーマ:理系ESPの教材開発と活用
    • 4. 演題と講師:(1) 「日本人医学生のための英語問診教材の評価」
    •           ロバート パーキンス 先生(京都府立医科大学)
    •         (2) 「工学系学習者のためのe-Learning語彙学習システム」
    •           石川 有香 先生(名古屋工業大学)
    •         (3) 「学部・大学院の連携による生命科学系教材」
    •           服部 圭子 先生(近畿大学)
    • 5. 概要:ESP教育では,学習者のニーズに基づき,ジャンルの特徴を取り入れた,オーセンティック・テキストを用いることが多い。しかし,課題も指摘されている。本シンポジウムでは,理系大学での3つの実践例を紹介し,新たなESP教材開発・教材活用にむけた提案を行う。(1) 日本人医学生のための英語問診教材の評価:正確な問診は,医師の必須技術である。従来のESP教材では,英語母語話者との文化的差異や英語運用能力のレベルによって問題が生じるため,その解決方法を提案する。(2) 工学系学習者のためのe-Learning語彙学習システム:工学系自主用ESP語彙教材では,何を,どこまで,どう教えるかが問われる。学習者のニーズ,習熟度,学習スタイルに合わせて学習できるe-Learning学習システムを紹介する。(3) 学部・大学院の連携による生命科学系教材:ジャンル概念を導入した,生命科学系の学部生向けのESP教材と教師用マニュアルの作成を紹介し,大学院でのESP教育実践について述べる。

    • フライヤー (Flyer)

    • The JACET Kansai Second Lecture Meeting of this academic year by the ESP SIG will be held as follows:
    • 1. Date: Saturday, October 14, 2017, 15:30–17:00
    • 2. Venue: Rm. 409, Ryoshinkan Bldg., 4F, Doshisha University, Imadegawa Campus (https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html)
    • 3. Theme: ESP Materials Development for the Sciences
    • 4. Titles & Speakers:(1) Evaluating history taking instructional materials for Japanese medical students
    •             Prof. Robert Perkins (Kyoto Prefectural University of Medicine)
    •            (2) A vocabulary e-Learning system for engineering students
    •             Prof. Yuka Ishikawa (Nagoya Institute of Technology)
    •            (3) ESP materials and instructor manuals for undergraduate and graduate students in life sciences
    •             Prof. Keiko Hattori (Kindai University)
    • 5. Abstract: A core concept of the ESP approach is to identify genres that individual learners need and then tailor lessons to enable them to utilize those genres. To reach this goal, authentic materials are often used, but issues arise. This symposium presents proposals for materials development and utilization for three scientific fields: medical sciences, engineering, and life sciences. Part 1: Evaluating history taking instructional materials for Japanese medical students. Presented here are ideas for screening authentic materials by analyzing an actual lesson plan for teaching Japanese medical students a method for taking patient history in English. Part 2: A vocabulary e-Learning system for engineering students. Introduced here is an ESP vocabulary e-Learning system for engineering students designed to fit learner needs, proficiencies, and learning styles. Specifically addressed are what aspects of what vocabulary ESP learners need to know and the best way to teach it to them. Part 3: ESP materials and instructor manuals for undergraduate and graduate students in life sciences. This section will show how ESP concepts can be included in English teaching materials and instructor manuals for university students in the life sciences.
    • We look forward to meeting you all.
    • lecture 2017年度JACET関西支部秋季大会 発表募集のご案内 (応募は締め切らせていただきました)

      この大会での発表をご希望の方は、次の要領で下記2017年度JACET関西支部秋季大会発表申込フォームよりご応募ください。教員だけでなく、大学院生の会員による応募も歓迎いたします。会員の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

        1. 日時:2017年11月25日(土)
        2. 場所:大阪樟蔭女子大学
        3. 応募期限:2017年9月16日(土)午後11時59分

        2017年度JACET関西支部秋季大会発表申込フォーム

        発表は、英語教育および関連分野に関する内容で、未発表のものに限ります。また、発表者は、共同研究者も含めて、申込時にJACETの会員である必要があります。発表言語は、日本語または英語です。

        発表種別・時間に関しては、以下の通りです。

        1. ワークショップ:発表者は1名~数名。参加者によるタスク活動を含む。90分。
        2. コロキアム:発表者は数名。特定のテーマについての議論を行う。90分。
        3. 研究発表:理論的、実証的な研究成果に関する発表を行う。30分(発表20分+質疑10分)。
        4. 実践報告:授業実践やカリキュラム改革に関する発表を行う。30分(発表20分+質疑10分)。
        5. ポスター発表:研究・実践内容について発表し、参加者と自由に議論を行う。コアタイム60分。

        応募の期限は、2017年9月16日(土)午後11時59分 です。

        1. A) 応募情報
        2. a) 発表形式:ワークショップ、コロキアム、研究発表、実践報告、ポスター発表の別
        3. b) 発表題目(日本語および英語、英語の場合はタイトルの各単語をキャピタライズしてください)
        4. c) 発表者情報(共同発表者は氏名と所属のみ):氏名(漢字とローマ字)、所属(日本語と英語)、E-mailアドレス
        5. d) 発表に使用する言語(日本語もしくは英語)
        6. e) 使用希望機器(無い場合は「なし」を選択)

        1. B) 発表要旨
        2. a) 内容:「研究発表」の場合は、目的、仮説(リサーチクエスチョン)、研究方法、結果、考察を、「実践報告」の場合は、背景、具体的内容、実践結果に対する考察を簡潔に明記ください。「ポスター」の場合も扱う内容に応じ、これらに準ずることとします。なお、「ワークショップ」「コロキアム」は目的、対象、手法を詳しく明記してください。いずれの場合も引用文献リストは要旨に含めません。
        3. b) 分量:日本語の場合は350字~400字、英語の場合は200~250 wordsとし、要旨末尾に字数ないし語数を丸カッコ書きで明記することとします。

        審査は、JACET関西支部研究企画委員会にて行います。また、審査結果は、10月16日以降にE-mailにて通知します。またフィードバックを必要に応じて行います。

        審査結果の通知後の辞退は原則としてできません。

        The 2017 Fall Conference of the JACET Kansai Chapter will be held at Osaka Shoin Women's University on Saturday, November 25th. JACET members are invited to present proposals for research papers, practical reports, poster sessions, workshops, and colloquia. Applications are also welcome from graduate students. Please fill in the application form, which will be available on August 1st, and send it to us no later than 23:59 on September 16th, 2017. Submission was closed on September 16th.

        The 2017 Fall Conference of the JACET Kansai Chapter Application form

        1. A) Application form:
        2. a) Type of proposal (research paper, practical report, poster session, workshop, or colloquium)
        3. b) Title of proposal (English and Japanese)
        4. c) Information about applicant(s): name, affiliation, e-mail addres s
        5. d) Language for presentation (English or Japanese)
        6. e) Equipment required

        1. B) Abstract:
        2. a) Describe the purpose of the research, research question(s), research method(s), results and discussion. For a practical report, give the background of the report, details, conclusion, and other relevant information. Do not include references in the abstract.
        3. b) Should be 200-250 words if in English or 350-400 characters if in Japanese. Give word count in parentheses at end of abstract.

        Submission deadline: 11:59 pm, September 16th, 2017.

        The proposals will be peer-reviewed by the Research Planning Committee.

        Review results and feedback, as necessary, will be sent after October 16th.

        Cancellation after the acceptance of the presentation is not permitted in principle.

        article NL78号完成のお知らせ

        ニューズレター78号が完成いたしました。ぜひご一読ください。

        Please have a read through the newsletter #78.

        78号 / #78

        lecture 2017年度 第1回支部講演会が開催されました。

        JACET関西支部2017年度第1回支部講演会が、2017年7月8日(土)に関西学院大学梅田キャンパスで開催されました。講演には42名の参加があり、文学教育研究会企画として寺西先生より、御著書の紹介と合わせて英語で文学に触れる教育的意義や授業モデルなどについて、実践例とともにお話をいただき、質疑応答を含めて非常に充実した時間となりました。講演会後の情報交換会にも講師の先生を含めて21名の皆様にご参加をいただき和やかに親交を深めることができました。多くの皆様のご参加、ご協力誠に有難うございました。

        • 日時 : 2017 年7月8日(土)15:30~17:00
        • 場所 : 関西学院大学 梅田キャンパス
        • 講 師 : 寺西 雅之先生(兵庫県立大学)

        The first Lecture Meeting of the 2017 academic year was held on July 8th at Umeda Campus, Kwansei Gakuin University with 42 participants. The speakers shared with the audience about their latest research. Twenty one participants joined an information exchange meeting after the lecture.

      • Date : July 8, 2017
      • Venue : Umeda Campus, Kwansei Gakuin University
      • Speaker : Masayuki Teranishi (University of Hyogo)
      • Title: Learning Language and Communication Through Literature

    lecture 2017年度JACET関西支部春季大会が開催されました。

    2017年度JACET関西支部春季大会が,2017年6月17日(土)に甲南大学にて開催されました。 関西支部春季大会では,研究発表、実践報告、ポスター発表において10件の興味深いご発表がいただけました。企画ワークショップでは、水本篤先生(関西大学)に「オンライン参照ツールを用いた英語論文の執筆ー効果的な利用と指導の可能性」というテーマで大変貴重かつ楽しいお話を賜りました。ワークショップでは上田眞理砂先生(立命館大学)に「エクセルでできるIF関数を用いての簡単で実用的な自動成績計算法」と題する大変参考になるお話をいただきました。またコロキアムにおいては長尾明子先生(龍谷大学)、西条正樹先生(立命館大学)、上條武先生(立命館大学)に「大学英語クラスにおける授業研究のアプローチとは:社会文化理論による研究ケースと考察」と題して貴重なお話をいただきました。大会の締めくくりとしての基調講演では、佐々木みゆき先生(名古屋市立大学)に「第二言語ライティング研究最前線:長期的観察に見られるパタンと個人差」と題して、貴重なビデオとともに実践的なお話をいただき、聴衆の皆様が熱心に耳を傾けておられる姿が印象に残りました。本大会はJACET会員97名、非会員19名を含む計116名の参加をいただき,また大会後の懇親会には39名の皆様にご参加をいただき盛況に開催されましたことをご報告いたします。

    The JACET Kansai Chapter Spring Conference was held on June 17 at Konan University. An invited workshop was held by MIZUMOTO, Atsushi(Kansai University) on "Writing Research Articles in English with Online Reference Tools: Effective Use and Pedagogical Implications". A workshop was held by UEDA, Marisa (Ritsumeikan University) on "Easy and Practical Auto Scoring Method Using IF Function with Excel", and a colloquium by NAGAO, Akiko (Ryukoku University), SAIJO, Masaki (Ritsumeikan Univercity), and KAMIJO, Takeshi (Ritsumeikan University) on "Tertiary Level EFL Classroom Research: Case Studies Using a Sociocultural Perspective and DIscussions on Research Methods". Finally, a keynote lecture was given by SSASAKI, Miyuki (Nagoya City University) on Recent Trends in Seconds Language Writing Research: Systematicity and Individuality in Two Developmental Studies.

    <企画ワークショップ>「オンライン参照ツールを用いた英語論文の執筆ー効果的な利用と指導の可能性ー」 講師:水本 篤先生(関西大学)

    英語論文執筆を支援するオンライン参照ツールであるAWSuM(Academic Word Suggestion Machine; http://langtest.jp/awsum/)の効果的な利用法と指導の可能性について、開発の理論的背景から指導に際のヒントまで具体的な事例を含めてワークショップ形式でお話いただいた。英語論文を執筆する際には、学術的ジャンルを常に意識する必要がある。テキスト分析の一つであるジャンル分析においては、論文の各セクションに「ムーブ」と呼ばれる構成要素が存在する。伝達すべき内容や目的を示すムーブは、研究分野によって異なる。それぞれの研究領域におけるディスコース・コミュニティーには、特有のムーブが存在し、このムーブを実現するために特定の語連鎖が存在する。各ムーブに特徴的な語連鎖を適切に使用することは、効果的な論文執筆には必要不可欠であり、書き手が一定のディスコース・コミュニティーに属することも同時に示唆する。従来の学術論文コーパスや論文表現集では、高頻度のフレーズを提示することは可能であるが、それらがどの分野のどのような文脈で使用されているのかという情報を特定するのは難しかった。2016 年 2 月より無料公開されたAWSuMでは、語連鎖にムーブ情報を付与することで、各ムーブに特有の高頻度表現を抽出することが可能となった。ムーブと語連鎖の双方の視点を取り入れたアプローチにもとづき、研究分野ごとに異なる言語使用の状況を明確にする英語論文執筆支援ツールは他に類を見ない。AWSuMの利点として、1) 専門分野を指定して、論文のセクションごとに頻度の高いフレーズを確認できる、2) 入力した語に続く頻度の高い語連鎖をサジェストしてくれる、3) 語やフレーズの前数語を確認できる、4) 検索した後夜フレーズが使用されている文脈を確認できる、など多様な活用法が挙げられる。さらに補完的に使える参照ツールのリンクも充実している。ジャンルへの意識を高め、確認のツールとしても利用できる画期的なAWSuMは、英語学術論文執筆の際の重要な羅針盤となろう。 報告者:磯辺ゆかり(京都精華大学)

    <基調講演>「第二言語ライティング研究最前線:長期的観察に見られるパタンと個人差」 講師:佐々木 みゆき先生(名古屋市立大学)

    基調講演では、過去・現在・未来の3部に分けて佐々木先生のライティング研究の変遷についてお話しになった。まず「過去」のパートでは、Lourdes Ortega氏の “epistemological diversity is a good thing”という理念に励まされ、独自の研究手法を確立するまでを紹介された。具体的にはGeorgetown大学での在外研究を通して、第二言語習得は付加価値であること、言語習得はemergeするものであること、さらに言語習得には自己調整が深く関わっていることを新たに学んだこととして挙げられた。2点目については、子どもの“water”の獲得過程を記録したDeb Roy氏のTED Talkを再生し、試行錯誤を繰り返してだんだんと言語が発現する過程を示された。つづく「現在」のパートでは、包括的な有機体としてヒトを捉えることを重要視する方法論上の認識に基づいて、先生が現在取り組まれている翻訳方略の長期的発達に関する研究について説明された。これは37名の日本人大学生の英作文執筆における翻訳方略の変化を4年間にわたり発話想起法を用いて丹念に調査したものである。結果として、グループレベルの分析から翻訳方略の変化に有意な影響を与えている要因はCELTと英作文のスコアであり、時間や留学経験、学習行動といった要因は有意でないことが明らかとなった。一方、個人レベルの分析ではCELTと英作文のスコアは翻訳方略に有意な影響を与えないことが示されたことから、横断的研究と縦断的研究の結果は一致しないというパタンと個人差の傾向を実証できたことが報告された。この研究は、長期的に調査を実施している点、質的分析と量的分析を行っている点、パタンと個人差を同時に捉えている点で大変画期的なものである。最後に「未来」のパートでは、第二言語ライティング研究の今後の動向として、認知的発達研究の複雑化、複雑性理論や社会文化理論をはじめとするalternative approachの活用、ネット上の「書く」ことの分析、ビッグデータの研究、translanguagingやmultilingualismの研究、そして学際的な研究の重要度がさらに増していくことを予測された。 報告者:細越響子(京都府立大学)

    lectureJACET関西支部紀要編集委員会から論文募集のお知らせ(応募は締め切らせていただきました)

     JACET関西支部紀要編集委員会では,第20号の論文募集を行います。みなさま,ふるってご応募ください。

    • 1)刊行までのスケジュール
    • 投稿締切日:2017年9月30日必着
    • 審査結果通知:2017年12月15日ごろ
    • 修正原稿提出締め切り:2018年1月10日
    • 刊行:2018年3月末
    • 2)募集する原稿の種類: 研究論文, 実践論文, 研究ノート

    • 3)第20号論文投稿にあたりご注意いただきたいこと
    • ・編集委員会が作成するMS Word用のテンプレートを必ず使用してください。
    • ※新テンプレートは,支部紀要の従来のテンプレート,および,本部のテンプレートから,一部変更が加えられていますのでご注意ください。必ず,支部指定のテンプレートをご利用ください。
    • 今回より,応募時には,応募原稿ファイルに加え,書式セルフチェックシートをあわせてご返送いただく予定です。
    • 投稿規定 (Submission Guidelines)

      論文テンプレート(英文)(English template)

      論文テンプレート(和文)(Japanese template)

      多くのご投稿をお待ちしております。

      lecture 2017年度 第1回支部講演会のお知らせ

      2017年7月8日の第1回支部講演会は、文学教育研究会による講演となります。皆様のご参加をお待ちしております。

      • 1. 日時:2017年7月8日(土)15:30~17:00
      • 2. 場所:関西学院大学 梅田キャンパス 1004号室
      •  交通アクセス
      • 3. 演題:文学テクストで学ぶ英語とコミュニケーション
      • 4. 講師:寺西 雅之 先生(兵庫県立大学)
      • 5. 概要::日本,英国,オランダ,米国,中国の研究者が執筆者として参加したLiterature and Language Learning in the EFL Classroom(Masayuki Teranishi, Yoshifumi Saito, & Katie Wales編著,2015,Palgrave Macmillan)が出版され2年が経過しようとしている。本書は出版後様々なシンポジウムや研究会,そしてCLELE Journal等の書評でも取り上げられ,また,関連する研究書(例:Burke et al. (eds.) (2016) Scientific Approaches to Literature in Learning Environments, Saito (2016) Style and Creativity, 豊田昌倫他編著 (2017) 『英語のスタイル:教えるための文体論入門』(Stylistics for English Learners))も相次いで出版され,国内外の当該分野の研究にそれなりの影響を与えているようである。そこで本講演では,文学を通じた英語教育・学習に焦点を当て, まずこの論文集の内容を振り返る。特に,「文学とは何か」,「英語で文学作品 に触れる理由」,「文学を活用した教育実践例」について整理して論じてみたい。 さらに,講演後半では,文学教材をこれからの日本の英語およびコミュニケー ション教育に活用する方策を提案する。最後に,フロアとの質疑・応答を通じ て,今後の英語・コミュニケーション・教養教育の方向性・改善策について考えてみたい。

      • フライヤー (Flyer)

      • The JACET Kansai First Lecture Meeting of this academic year by the Literature in Language Education SIG will be held as follows:
      • 1. Date: Saturday, July 8, 2017, 15:30–17:00
      • 2. Venue: Room 1004, Kwansei Gakuin University, Umeda Campus (http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/)
      • 3. Title: Learning Language and Communication Through Literature
      • 4. Speaker: Prof. Masayuki Teranishi (University of Hyogo)
      • 5. Abstract: Nearly two years have passed since the publication of Literature and Language Learning in the EFL Classroom (edited by Teranishi et al., 2015, Palgrave Macmillan). Contributors include researchers in and from Japan, the U.K., the Netherlands, the U.S., and China. This book has been discussed in a variety of conferences and symposiums, and reviewed in CLELE (Children’s Literature in English Language Education) Journal. Moreover, several books have been published in Japan and overseas that address related topics (e.g. Burke et al. (eds.) (2016) Scientific Approaches to Literature in Learning Environments, Saito (2016) Style and Creativity, Toyota et al. (eds.) (2017) Stylistics for English Learners). This would seem to suggest that Literature and Language Learning in the EFL Classroom has not a little influence on studies in related fields. In this lecture, I would like to reconsider the role of literature in English language education and learning and for this purpose first review the contents of the book. In particular, I would like to focus upon the following issues: the definition of literature and literary texts, pedagogical merits of reading literature as an EFL student, case studies and model practices in Japanese EFL classrooms. Finally, I would like to exchange opinions with the floor, hoping to discover possible future directions of English, communication, and Liberal Arts education in Japan.
      • We look forward to meeting you all.
      • article NL77号完成のお知らせ

        ニューズレター77号が完成いたしました。ぜひご一読ください。

        Please have a read through the newsletter #77.

        77号 / #77

        lecture 2017年度 JACET関西支部春季大会のお知らせ (事前参加申込み不要)

        2017年度関西支部春季大会を6月17日(土)に甲南大学にて開催いたします。皆様、是非とも奮ってご参加ください。

        • 日時 : 2017年 6月17日(土)
        • 場所 : 甲南大学 交通アクセス
        • 企画ワークショップ「オンライン参照ツールを用いた英語論文の執筆ー効果的な利用と指導の可能性ー」
        • 講師:水本 篤先生(関西大学)
        • 基調講演「第二言語ライティング研究最前線:長期的観察にみられるパタンと個人差」
        • 講師:佐々木 みゆき先生(名古屋市立大学)
        • 参加費:(春季大会)JACET会員は無料、非会員は1,000円
        • 事前参加申し込みは不要です。
        • その他、研究発表、実践報告、コロキアム、ポスター発表、賛助会員発表なども多数行われる予定です。春季大会の詳細やプログラムにつきましては、以下をご覧ください。
        • プログラム (Program)

          概要 (Abstracts)

          フライヤー (Flyer)

        • <春季大会懇親会 事前申込のお願い>
        • ◆◆事前申込みの上、当日支払いでございます◆◆
        • 日時時間: 6月17日(土) 18:30-20:00
        • 場所: カフェ・パンセ(甲南大学5号館1階)
        • 懇親会の事前申込を御希望の方は、
        • 1)氏名 2)所属
        • を明記のうえ,必ず下記メールアドレスまでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。締切 6月6日(火)
        • 申込先: akiusami@mukogawa-u.ac.jp   「JACET関西支部懇親会事前申込受付係(担当:宇佐美)」
        • 懇親会費:5,000円(大会当日に受付でお支払いいただきます)なお当日申込の場合は、懇親会費が6,000円となりますのでご注意ください。

      The 2017 Spring Conference of the JACET Kansai Chapter will be held on Saturday, June 17th at Konan University, featuring presentations, workshop and colloquium in various areas of English education.

      • Kansai Chapter Spring Conference
      • Workshop
      • “Writing Research Articles in English with Online Reference Tools: Effective Use and Pedagogical Implications”
      • Lecturer: MIZUMOTO, Atsushi (Kansai University)
      • Keynote Lecture
      • “Recent Trends in Second Language Writing Research: Systematicity and Individuality in Two Developmental Studies"
      • Lecturer: SASAKI, Miyuki (Nagoya City University)

      Reserve a place by sending an email message entitled [JACET Kansai Conference Party Reservation] with your name and affiliation to akiusami@mukogawa-u.ac.jp by June 6. Pay the 5,000 yen fee on site. Payment at the door without reservation is 6,000 yen. Looking forward to seeing you all there.

      lecture 2017年度JACET関西支部春季大会 発表募集のご案内 (応募は締め切らせていただきました)

      この大会での発表をご希望の方は、次の要領で下記2017年度JACET関西支部春季大会発表申込フォームよりご応募ください。期限は上記の通り。4月22日まで延長されました(応募は締め切らせていただきました)。教員だけでなく、大学院生の会員による応募も歓迎いたします。会員の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

        1. 日時:2017年6月17日(土)
        2. 場所:甲南大学岡本キャンパス
        3. 応募期限:応募は締め切らせていただきました

        2017年度JACET関西支部春季大会発表申込フォーム

        発表は、英語教育および関連分野に関する内容で、未発表のものに限ります。また、発表者は、共同研究者も含めて、申込時にJACETの会員である必要があります。発表言語は、日本語または英語です。

        発表種別・時間に関しては、以下の通りです。

        1. ワークショップ:発表者は1名~数名。参加者によるタスク活動を含む。90分。
        2. コロキアム:発表者は数名。特定のテーマについての議論を行う。90分。
        3. 研究発表:理論的、実証的な研究成果に関する発表を行う。30分(発表20分+質疑10分)。
        4. 実践報告:授業実践やカリキュラム改革に関する発表を行う。30分(発表20分+質疑10分)。
        5. ポスター発表:研究・実践内容について発表し、参加者と自由に議論を行う。コアタイム60分。

        応募は締め切らせていただきました

        1. A) 応募情報
        2. a) 発表形式:ワークショップ、コロキアム、研究発表、実践報告、ポスター発表の別
        3. b) 発表題目(日本語および英語、英語の場合はタイトルの各単語をキャピタライズしてください)
        4. c) 発表者情報(共同発表者は氏名と所属のみ):氏名(漢字とローマ字)、所属(日本語と英語)、E-mailアドレス
        5. d) 発表に使用する言語(日本語もしくは英語)
        6. e) 使用希望機器(無い場合は「なし」を選択)

        1. B) 発表要旨
        2. a) 内容:「研究発表」の場合は、目的、仮説(リサーチクエスチョン)、研究方法、結果、考察を、「実践報告」の場合は、背景、具体的内容、実践結果に対する考察を簡潔に明記ください。「ポスター」の場合も扱う内容に応じ、これらに準ずることとします。なお、「ワークショップ」「コロキアム」は目的、対象、手法を詳しく明記してください。いずれの場合も引用文献リストは要旨に含めません。
        3. b) 分量:日本語の場合は350字~400字、英語の場合は200~250 wordsとし、要旨末尾に字数ないし語数を丸カッコ書きで明記することとします。

        審査は、JACET関西支部研究企画委員会にて行います。また、審査結果は、5月1日以降にE-mailにて通知します。またフィードバックを必要に応じて行います。

        審査結果の通知後の辞退は原則としてできません。

        The 2017 Spring Conference of the JACET Kansai Chapter will be held at Okamoto Campus of Konan University on Saturday, June 17th. JACET members are invited to present proposals for research papers, practical reports, poster sessions, workshops, and colloquia. Applications are also welcome from graduate students. Please fill in the application form, which will be available on March 13th. Submission was closed on April 22nd.

        The 2017 Spring Conference of the JACET Kansai Chapter Application form

        1. A) Application form:
        2. a) Type of proposal (research paper, practical report, poster session, workshop, or colloquium)
        3. b) Title of proposal (English and Japanese)
        4. c) Information about applicant(s): name, affiliation, e-mail addres s
        5. d) Language for presentation (English or Japanese)
        6. e) Equipment required

        1. B) Abstract:
        2. a) Describe the purpose of the research, research question(s), research method(s), results and discussion. For a practical report, give the background of the report, details, conclusion, and other relevant information. Do not include references in the abstract.
        3. b) Should be 200-250 words if in English or 350-400 characters if in Japanese. Give word count in parentheses at end of abstract.

        Submission deadline: Submission was closed on April 22nd.

        The proposals will be peer-reviewed by the Research Planning Committee.

        Review results and feedback, as necessary, will be sent after May 1st.

        Cancellation after the acceptance of the presentation is not permitted in principle.

lecture 2016年度 第3回支部講演会が開催されました。

JACET関西支部2016年度第3回支部講演会が、2017年3月11日(土)に大阪電気通信大学駅前キャンパスで開催されました。講演には39名の参加があり、住吉先生より、規範と英語の実態について、多くの実例とともに興味深い研究成果のご発表があり、質疑応答を含めて非常に充実した時間となりました。講演会後の茶話会にも講師の先生を含めて22名の皆様にご参加をいただき和やかに親交を深めることができました。多くの皆様のご参加、ご協力誠に有難うございました。

  • 日時 : 2017 年3月11日(土)15:30~17:00
  • 場所 : 大阪電気通信大学 駅前キャンパス
  • 講 師 : 住吉 誠先生(摂南大学)

The third Lecture Meeting of the 2016 academic year was held on March 11th at Campus in front of the station, Osaka Electro-Communication University with 39 participants. The speakers shared with the audience about his latest research. Twenty two participants joined a tea party after the lecture.

  • Date : March 11, 2017
  • Venue : Campus in front of the station, Osaka Electro-Communication University
  • Speaker : Makoto Sumiyoshi (Setsunan University)
  • Title: Prescriptivism and authentic English in use: In cases of verb complements
  • lecture 2016年度 第3回支部講演会のお知らせ

    2017年3月11日に開催される第3回支部講演会は、学習英文法研究会による講演となります。皆様のご参加をお待ちしております。

    • 日 時 : 2017年3月11 日(土)
    • 場 所 : 大阪電気通信大学 駅前キャンパス1階101多目的ホール
    • 交通アクセス:京阪「寝屋川市駅」より徒歩3分 http://www.osakac.ac.jp/institution/campus/access/
    • 講師:住吉 誠先生(摂南大学)
    • 演題:規範と英語の実態ー動詞補部を中心に
    • 概要:従来の英文法での動詞補部の扱いを見ると,「enjoyは 動名詞をとる,to不定詞はとらない」,「hope はto不定詞をとる,動名詞はとらない」,「forbid はthat節をとらない」といったように,ある動詞がある補部を従えるのか・従えないのかという問題は,つねに可能性がゼロかイチかというデジタル的な発想で捉えられてきた。伝統的な規範でもそうであったし,理論的な言語学者の非文に関する判断でもそうであった。しかしながら,補部を取る動詞をひとつひとつ取り上げてデータを観察すると,ある動詞がそれまでとらないとされてきた補部を従えている例に出くわすこともそう珍しいことではない。このような英文法の記述と英語の実態の齟齬は,英語が歴史的に変化しているということ,従来の英文法研究が多様な現代英語の姿をとらえきれていないということなどにその原因を求めることができる。本発表では nod/expressといった動詞や,disagree/assistといった動詞の補部を仔細に観察しながら,「…といった使い方は不可」といったような規範の呪縛から解放された現代英語の多様な姿を,動詞の補部に見てみたいと思う。
    • フライヤー (Flyer)

      The Third Chapter Lecture of the 2016 Academic Year

      JACET Kansai Chapter will hold the Third Lecture Meeting of this academic year as follows:

    • 1. Date: March 11 (Sat), 2017,
    • 2. Venue: Hall 101, Campus in front of the station, Osaka Electro-Communication University
    • 3.Access: http://www.osakac.ac.jp/institution/campus/access/
    • 4. Speaker & Title
    • Speaker:Makoto Sumiyoshi (Setsunan University)
    • Title: Prescriptivism and authentic English in use: In cases of verb complements
    • Abstract: A traditional approach to English verb complements, whether in conventional prescriptivism or theoretical linguistics, does not fully capture their diversity as observed in authentic English in use, because such an approach assumes that grammatical research can be done in a discrete way through the discussion that a particular verb can or cannot be followed by a particular type of complement. However, empirical data often show that a particular verb can take a complement pattern which has been judged to be unacceptable by linguists or grammarians. This kind of gap between what is written in conventional English grammars and English usage is observed because the language has always been in a state of change and has been “emancipated” from prescriptivism for various reasons, including historical ones. In my presentation, I would like to point out such diversity observed in Present-day English, dealing with the complement patterns of the verbs such as nod, express, disagree, assist, etc. They have been judged to be unacceptable or ungrammatical when used with a particular type of complement, which can be refuted by authentic data. English complement patterns constitute an interesting research area which mirrors the diversity of Present-day English.

      lecture 2016年度JACET関西支部秋季大会が開催されました。

      2016年度JACET関西支部秋季大会が,2016年11月26日(土)に関西外国語大学中宮キャンパスにて開催されました。 関西支部秋季大会では,研究発表、実践報告、ポスター発表において14件の興味深いご発表がいただけました。午前中のワークショップでは金丸敏幸先生(京都大学)に「人工知能による長期的スピーキング能力測定」について多くの皆様の関心を引くお話をいただきました。特別講演では、岡田伸夫先生(関西外国語大学)に「文法がスピーキングに役立つのはどこまでか」というテーマで大変貴重かつ楽しいお話を賜りました。コロキアムでは村上裕美先生(関西外国語大学短期大学部)の研究会により「授業学:新たな指導法の探求」と題する大変参考になるお話をいただきました。大会の締めくくりとしての基調講演では、鳥飼玖美子先生(立教大学名誉教授)に「『英語で話す』とは、どういうことか」について、大変有意義なお話をしていただき、熱心にメモを取りながら聞かれている参加者の姿が印象に残りました。本大会はJACET会員85名、非会員23名、賛助会員14名を含む計122名の参加をいただき盛況に開催されましたことをご報告いたします。

      <秋季大会 ワークショップ>「人工知能による長期的スピーキング能力測定」 講師:金丸 敏幸先生(京都大学)

      ワークショップはスピーキングの学習と評価、人工知能を使ったロボットとの対話、実践デモンストレーションの構成であった。平成27年度の高校3年生の英語力調査によると、CEFRのB1レベルの生徒は1.2%、A1レベルが89%であった。国公立約500校、22,000人対象のスピーキングテスト(平成26年、27年の調査)によると、約15%が単語のみの発話、ほとんど話せない、という状態であった。積極的にスピーキング活動を導入している高校の数は半分にも満たないという。大学1年生へのアンケート(84名)では、スピーキング学習への関心は高いが、しかし実際にはスピーキング授業の希望率が非常に低いことがわかる。スピーキング学習の動機づけの維持は難しいことが考えられる。また、言語運用能力の評価方法には①タスク完遂型、②言語使用重視型がある。音声による評価の制約として、評価を行うためには音声の再生が不可欠で、評価に実時間が必要になること、文字化が前提であるため統計的な処理が困難、等があげられる。そこで音声認識技術の活用が考えられる。音響モデルを構築し、これを元に言語モデルを用いて言語的にあり得る形に変換するものである。人工知能DeepLeaningはアメリカのAKA社が開発したものである。ロボットが脳と同じことをするには、膨大なデータを計算する必要がある。サーバーには使用者との会話データが蓄積され会話内容が変化する。人工知能と会話をすると、その内容が文字化され、それをコンピューターが理解しサーバーとの通信によって使用者と会話をする。会話内容が文字化されるメリットはライティングと同様の評価指標が利用できることである。使用語彙のレベルや多様性、文の長さ、複雑さ、文法の種類、誤り、等があげられる。こういった説明の後に、実際にロボットとの会話デモンストレーションが行われた。まだ充分とは言えないけれど会話が成り立つ様子が見られた。 報告者:時岡ゆかり(大阪産業大学)

      <特別講演>「文法がスピーキングに役立つのはどこまでか」 講師:岡田 伸夫先生(関西外国語大学)

      スピーキングにおいて文法は必要である。大学の授業で文法を教えなくてもよい、とは思わない。英文法には、私自身も知らないものがまだある。  文法とスピーキングとのギャップは何か。文法は静的な知識、スピーキングはパフォーマンス。また、個人的な営みに対して、対人的な営みとなるのである。 そして、心の要素も必要である。心に愛がなければどんなに美しい言葉でも相手の胸にひびかない。話し上手は聞き上手。文は人なり、ことばは人なり。 どのようにすれば、スピーキング能力があがるのか。文法知識だけですむとしたら、みんな日本語では話し上手である。私の母は話し出したら止まらないくらいの人であるが、みんながみんな、そうではない。 次のような文法の知識を使うと、スピーキングの向上に役立つ。イディオムの意味は複数ある、複合語形成規則を活用する、そして、構文を活用することなどである。さらに、次のエピソードが披露された。最初に “How are you?”と挨拶しなさい。相手が何か(“I am fine.”)言ったら、“Me, too.”と答えるのです、とアドバイスされたX首相が、クリントン大統領に、“Who are you?”と間違えて尋ねた。クリントン大統領は、ユーモアを交えて、”I am Hillary’s husband.”とお答えになった。そこで、X首相が ”Me, too.”と答えたら、爆笑のうずに巻き込まれてしまった、と。(ここで、会場からも笑いが起き、なごやかな雰囲気となりました。) 総じて、スピーキングはパフォーマンスである。そして、スピーチはエンターテイメントなので、観客を喜ばせることが肝要である。次はどういう言い方をして、聞いている人を楽しませようか。教壇に立つ人は、それを考えないといけない。スピーキングを向上するためには、パフォーマンスまで学ぶ必要があるので大変難しいのである。 報告者:田中美和子(京都ノートルダム女子大学)

      <基調講演>「『英語で話す』とはどういうことか」 講師:鳥飼 玖美子先生(立教大学名誉教授)

      基調講演はラジオやテレビ番組でおなじみの鳥飼先生の優しい語り口で始まった。先生はまず英語教育を巡る社会的環境に触れられ、次に英語と日本語の関係性やコミュニケーションを成立させる要素等について述べられ、最後にこれらの事柄を踏まえてこれからの英語教育について提言された。 初めに、先生は2012年の政府によるグローバル人材育成戦略が英語教育に与えた様々な影響と「英語格差」の問題に触れられた。また、文部科学省が繰り返し行う英語教育改革の成果がなかなか上がらないことに関連して、英語を学ぶ上での3つの壁(学習時間、言語間の距離、不安等の心理的な壁)について詳述された。10年にわたる英語教育が、実はたった55日分の学習時間であることを示され、「その割にはよくやっているなぁという気が致しますね」と先生がおっしゃると会場は笑いに包まれた。 次に、先生はバックマンが述べた言語能力について言及された上で、コミュニケーション能力の中で重要だと考えられている4つの要素(場、参加者、話題、目的)について詳細に説明され、英語を使用する際は更に異文化コミュニケーション能力が必要であると付け加えられた。 最後に、先生は欧州評議会の言語政策の中で打ち出された複言語主義と、それを具現化するために策定された参照枠であるCEFRを紹介された。先生によれば、CEFRの最終目標は複言語の学習と複文化を通して言語と異文化コミュニケーション能力を身に付け、学習者が多面的な視野を持つことであり、また、その大きな意義は自律した学習者を育てることの重要性を指摘した点にある。さらに、先生はCEFRと親和性の高いCLILや協同学習について詳述された上で、これからの英語教育では多面的思考や自律性を培うため、これらの指導法を前向きに捉え、試すことを提言された。ご講演の内容は多岐にわたるものであり、英語教育に携わるものが多い聴衆の方々にとって非常に示唆深いものであったと考える。 報告者:松田紀子(大阪工業大学)

      The JACET Kansai Chapter Fall Conference was held on November 26 at Kansai Gaidai University Nakamiya Campus. A workshop was held by KANAMARU, Toshiyuki(Kyoto University) on "Long Term Assessment of Speaking Proficiency with AI" by KANAMARU, Toshiyuki(Kyoto University). A special talk was presented by OKADA, Nobuo (Kansai Gaidai University) on "To What Extent Does Grammar Support Speaking?". A colloquium was held by a study group led by MURAKAMI, Hiromi (Kansai Gaidai College) on "Classology: A Quest for Other Possible Teaching Techniques". Finally, a keynote lecture was given by TORIKAI, Kumiko (Professor Emeritus, Rikkyo University) on "What Does It Mean to 'Speak English?'"

      article NL76号完成のお知らせ

      ニューズレター76号が完成いたしました。ぜひご一読ください。

      Please have a read through the newsletter #76.

      76号 / #76

      lecture 2016年度 JACET関西支部秋季大会のお知らせ (事前参加申込み不要)

      2016年度関西支部秋季大会を11月26日(土)に関西外国語大学 中宮キャンパスICCにて開催いたします。皆様、是非とも奮ってご参加ください。

      • 日時 : 2016年 11 月 26 日(土)
      • 場所 : 関西外国語大学 中宮キャンパスICC 交通アクセス
      • ワークショップ「人工知能による長期的スピーキング能力測定」
      • 講師:金丸 敏幸先生(京都大学)
      • 特別講演「文法がスピーキングに役立つのはどこまでか」
      • 講師:岡田 伸夫先生 (関西外国語大学)
      • 基調講演「『英語で話す』とは、どういうことか」
      • 講師:鳥飼 玖美子先生(立教大学名誉教授)
      • 参加費:(秋季大会)JACET会員は無料、非会員は1,000円
      • 事前参加申し込みは不要です。
      • その他、研究発表、実践報告、コロキアム、ポスター発表、賛助会員発表なども多数行われる予定です。秋季大会の詳細やプログラムにつきましては、以下をご覧ください。
      • プログラム (Program)

        概要 (Abstracts)

        フライヤー (Flyer)

      • <秋季大会懇親会 事前申込のお願い>
      • ◆◆事前申込みの上、当日支払いでございます◆◆
      • 日時時間: 11月26日(土) 18:30-20:30
      • 場所: アマークド・パラディ(イタリアンレストラン)ICCセンター1階
      • 懇親会の事前申込を御希望の方は、
      • 1)氏名 2)所属
      • を明記のうえ,必ず下記メールアドレスまでお申し込みくださいますようお願い申し上げます。締切 11月16日(水)
      • 申込先: masuda41@cc.kyoto-su.ac.jp  「JACET関西支部懇親会事前申込受付係(担当:増田)」
      • 懇親会費:5,000円(大会当日に受付でお支払いいただきます)なお当日申込の場合は、懇親会費が6,000円となりますのでご注意ください。

    The 2016 Fall Conference of the JACET Kansai Chapter will be held on Saturday, November 26th at Kansai Gaidai University, Nakamiya Campus ICC, featuring presentations, workshop and symposia in various areas of English education.

    • Kansai Chapter Fall Conference
    • Workshop
    • “Long Term Assessment of Speaking Proficiency with AI”
    • Lecturer: KANAMARU, Toshiyuki (Kyoto University)
    • Special Talk
    • “To What Extent Does Grammar Support Speaking?”
    • Lecturer: OKADA, Nobuo(Kansai Gaidai University)
    • Keynote Lecture
    • “What Does It Mean to 'Speak English'?"
    • Lecturer: TORIKAI, Kumiko(Professor Emeritus, Rikkyo University)

    Reserve a place by sending an email message entitled [JACET Kansai Conference Party Reservation] with your name and affiliation to masuda41@cc.kyoto-su.ac.jp by November 16. Pay the 5,000 yen fee on site. Payment at the door without reservation: 6,000 yen. Looking forward to seeing you all there.

    lecture 2016年度 第2回支部講演会が開催されました。

    JACET関西支部2016年度第2回支部講演会が、2016年10月15日(土)に同志社大学 今出川キャンパスで開催されました。講演には32名の参加があり、長谷先生より、海外でのご体験および研究成果のご発表があり、参加者の皆様は熱心に聞き入っておられました。講演会後には茶話会を開催しましたところ講師の先生を含めて18名の皆様にご参加をいただき、さらなる議論を深めるとともに親交を深めていらっしゃる様子がうかがえました。多くの皆様のご参加、ご協力誠に有難うございました。

    • 日時 : 2016 年10月15日(土)15:30~17:00
    • 場所 : 同志社大学 今出川キャンパス
    • 講 師 : 長谷 尚弥先生(関西学院大学)

    The second Lecture Meeting of the 2016 academic year was held on October 15th at Doshisha University Imadegawa Campus with 32 participants. The speakers shared with the audience about his latest research.

  • Date : October 15, 2016
  • Venue : Doshisha University Imadegawa Campus
  • Speaker : Prof. Naoya Hase (Kwansei Gakuin University)
  • Title: What EFL Teaching in Japan Can Learn from Bilingual Education in the USA
  • lecture 2016年度 第2回支部講演会のお知らせ

    2016年10月15日に開催される第 2 回支部講演会は、リーディング研究会による講演となります。皆様のご参加をお待ちしております。

    • 日 時 : 2016年 10 月15 日(土)
    • 場 所 : 同志社大学今出川キャンパス 寧静館5階会議室
    • 交通アクセス:京都市営地下鉄烏丸線今出川駅1, 3番出口からすぐ。https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
    • 講師:長谷尚弥先生(関西学院大学)
    • 演題:アメリカのバイリンガル教育から日本の英語養育が学べること
    • 概要:アメリカにおけるバイリンガル教育には言語教育の本質が存在すると考える。アメリカにおけるバイリンガル教育を見ることで、日本における英語(言語)教師としてわたしたちが考えなければならないことを、言語や言語教育の持つ社会政治的な意味、言語と密接にかかわる「文化」の意味、多言語多文化主義、学習者の言語的文化的アイデンティティ等を中心に考えたいと思う。
    • フライヤー (Flyer)

      The Second Chapter Lecture of the 2016 Academic Year

      JACET Kansai Chapter will hold the Second Lecture Meeting of this academic year as follows:

    • 1. Date: October 15 (Sat), 2016,
    • 2. Venue: Imadegawa Campus of Doshisha University (Conference room on the Neiseikan 5th floor)
    • 3.Access: https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
    • 4. Speaker & Title
    • Speaker:Naoya Hase (Kwansei Gakuin University)
    • Title: What EFL Teaching in Japan Can Learn from Bilingual Education in the USA
    • Abstract:
    • I believe that bilingual education in the USA contains the essence of language education. By looking at bilingual education in the USA, I would like to think about what we as English (language) teachers should keep in mind, focusing on the sociopolitical meaning of language and language teaching, "culture" as related to language teaching, multilingualism and multiculturalism, linguistic and cultural identities of language learners.
    • lecture 2016年度JACET関西支部秋季大会 発表募集のご案内(9月30日まで延長されました。)

      この大会での発表をご希望の方は、次の要領で下記2016年度JACET関西支部秋季大会発表申込フォームよりご応募ください。教員だけでなく、大学院生の会員による応募も歓迎いたします。会員の皆様の積極的なご応募をお待ちしております。

        1. 日時 : 2016年 11月 26 日(土)
        2. 場所 : 関西外国語大学中宮キャンパス
        3. 応募期限: 2016年9月30日(金)午後11時59分まで延長されました。

        2016年度JACET関西支部秋季大会発表申込フォーム

        発表は、英語教育および関連分野に関する内容で、未発表のものに限ります。また、発表者は、共同研究者も含めて、申込時にJACETの会員である必要があります。発表言語は、日本語または英語です。

        発表種別・時間に関しては、以下の通りです。

        1. ワークショップ:発表者は1名~数名。参加者によるタスク活動を含む。90分。
        2. コロキアム:発表者は数名。特定のテーマについての議論を行う。90分。
        3. 研究発表:理論的、実証的な研究成果に関する発表を行う。30分(発表20分+質疑10分)。
        4. 実践報告:授業実践やカリキュラム改革に関する発表を行う。30分(発表20分+質疑10分)。
        5. ポスター発表:研究・実践内容について発表し、参加者と自由に議論を行う。コアタイム60分。

        応募は8月1日(月)よりWEBフォームから可能となります。随時、JACET関西支部ホームページ上に関連情報を掲載しますので、ご確認ください。また、応募に際しては以下の情報が必要となりますので、予めご準備ください。

        1. A)応募情報
        2. a) 発表形式:ワークショップ、コロキアム、研究発表、実践報告、ポスター発表の別
        3. b) 発表題目(日本語および英語)
        4. c) 発表者情報(共同発表者は氏名と所属のみ):氏名(漢字とローマ字)、所属(日本語と英語)、E-mailアドレス
        5. d) 発表に使用する言語(日本語もしくは英語)
        6. e) 使用希望機器(無い場合は「なし」を選択)

        1. B)発表要旨
        2. a) 内容:「研究発表」の場合は、目的、仮説(リサーチクエスチョン)、研究方法、結果、考察を、「実践報告」の場合は、背景、具体的内容、実践結果に対する考察を簡潔に明記ください。「ワークショップ」「コロキアム」は目的、対象、手法を詳しく明記してください。いずれの場合も引用文献リストは要旨に含めません。
        3. b) 分量:日本語の場合は 350字~400字、英語の場合は 200~250 wordsとし、要旨末尾に字数ないし語数を丸カッコ書きで明記することとします。

        応募の期限は、2016年9月30日(金)午後11時59分 です。

        審査は、JACET関西支部研究企画委員会にて行います。また、審査結果は、10月16日以降にE-mailにて通知します。またフィードバックを必要に応じて行います。

        審査結果の通知後の辞退は原則としてできません。

        The 2016 Fall Conference of the JACET Kansai Chapter will be held at Nakamiya Campus of Kansai Gaidai University on Saturday, November 26th. JACET members are now invited to present proposals for research papers, practical reports, poster sessions, workshops, and colloquia. Please fill in the application form, which will be available on August 1st, and send it to us no later than 23:59 on September 30th, 2016.

        The 2016 Fall Conference of the JACET Kansai Chapter Application form

    1. A)Application form:
    2. a) Type of proposal (research paper, practical report, poster session, workshop, or colloquium)
    3. b) Title of proposal (English and Japanese)
    4. c) Information about applicant(s): name, affiliation, e-mail addres s
    5. d) Language for presentation (English or Japanese)
    6. e) Equipment required

    1. B)Abstract:
    2. a) Describe the purpose of the research, research question(s), research method(s), results and discussion. For a practical report, give the background of the report, details, conclusion, and other relevant information. Do not include references in the abstract.。
    3. b) Should be 200-250 words if in English or 350-400 characters if in Japanese. Give word count in parentheses at end of abstract.

    Submission deadline: 11:59 pm, September 30th, 2016.

    The proposals will be peer-reviewed by the Research Planning Committee.

    Review results and feedback, as necessary, will be sent after October 16th.

    Cancellation after the acceptance of the presentation is not permitted in principle.

    article NL75号完成のお知らせ

    ニューズレター75号が完成いたしました。ぜひご一読ください。

    Please have a read through the newsletter #75.

    75号 / #75

    lecture JACET Kansai Journal Call for Papers: 第19号 支部紀要 投稿論文募集

    今年度刊行の第19号支部紀要は、招待論文、一般投稿論文に加え、支部大会や全国大会で発表された内容に基づく論文を募集します。論文投稿締め切り期日は9月30日(金)となっております。JACET 関西支部会員の皆様におかれましては、研究・実践の成果を支部紀要で報告していただけるように、投稿規定をご確認の上、第19号紀要にも奮ってご応募ください。

    • 投稿期限:2016年9月30日(金) 午後11:59
    • 論文送付先:紀要編集委員会 事務局長 吉村征洋(摂南大学)jacetkj [AT] gmail.com
    • 提出方法:電子メールの添付ファイルのみ(原稿郵送は不要)
    • ※ 受領後3日以内に確認の返信が届きます。万一3日経っても返信が届かない場合は、吉村まで再度ご連絡下さい。
    • ※ 提出方法の詳細やフォーマットについては、以下の紀要投稿規定、フォーマットチェックリスト、Manuscript Sample、またはJACET関西支部ホームページをご覧下さい。(http://www.jacet-kansai.org/submission.html)
    • ※投稿規定に則っていない場合、投稿論文が審査の対象とならないこともあります。

    紀要投稿規定/Submission Guideline(2016年2月24日改定) 

    Format Checklist English(PDFファイル) 

    フォーマットチェックリスト和文(PDFファイル)

    投稿原稿例/Manuscript Sample (PDFファイル)

                   

    Kansai Chapter members are welcome to submit manuscripts for consideration for publication in JACET Kansai Journal (JKJ) No. 19. Papers should be related to research on college English language education or relevant areas. The JACET Kansai Journal especially welcomes papers that have been presented at JACET chapter or national conferences within the past year. Please check the guidelines for details on submission procedures and requirements available at http://www.jacet-kansai.org /file/toukoukitei.pdf.

    • Deadline for submission: September 30, 2016
    • Submit manuscripts to: Masahiro YOSHIMURA, Ph.D., JACET Kansai Journal Secretariat, Setsunan University, jacetkj [AT] gmail.com

    If you do not receive a message confirming the receipt of your manuscript within 3 days, please request confirmation. Only e-mail submission will be accepted. Postal submission of paper-based manuscripts will NOT be accepted. Prepare your manuscript according to the JKJ instructions using Microsoft Word. Send it as an attached file with an email message to Dr. Masahiro YOSHIMURA, Secretariat, JACET Kansai Journal. If you do not follow the submission guidelines, your manuscript may not be reviewed or published.

    lecture 2016年度 第1回支部講演会が開催されました。

    JACET関西支部2016年度第1回支部講演会が、2016年7月9日(土)に神戸国際会館で開催されました。講演には46名の参加があり、科学英語教育研究会および授業学(関西)研究会より、最前線の研究成果のご発表があり、参加者の皆様は熱心に聞き入っておられました。講演会後には茶話会を開催しましたところ講師の先生方を含めて26名の皆様にご参加をいただき、さらなる議論を深めるとともに親交を深めていらっしゃる様子がうかがえました。多くの皆様のご参加、ご協力誠に有難うございました。

    • 日時 : 2016 年 7 月 9 日(土)15:30~17:00
    • 場所 : 神戸国際会館
    • 講 師 : 科学英語教育研究会
    • 野口ジュディー津多江先生(神戸学院大学)
    • 尾鍋智子先生(大阪大学)
    • 演題:「科学英語ー大学院教育の視座から」
    •                     
    • 講 師 : 授業学(関西)研究会
    • 村上裕美先生(関西外国語大学短期大学部))
    • 演題:「授業学とは」

    The first Lecture Meeting of the 2016 academic year was held on July 9th at Kobe International House, with 46 participants. The speakers from English for Japanese Scientists SIG and Developmental Education Kansai Chapter SIG shared with the audience about their latest research.

  • Date : July 9, 2016
  • Venue : Kobe International House Meeting Room 805
  • Speaker : English for Japanese Scientists SIG; Ms. Judy Tsutae Noguchi (Kobe Gakuin University), Ms. Tomoko Onabe (Osaka University)
  • Title: English for Science at the Graduate School Level
  • Speaker : Developmental Education Kansai Chapter SIG; Ms. Hiromi Murakami (Kansai Gaidai College)
  • Title: Exploring Classology
  • Read more →

    年間行事予定 / Event Calendar

    下記は,行事案につき,今後,日程・内容などの変更の可能性があります.

    日付 / Date 行事 / Event
    2019年3月31日 JACET Kansai Journal『JACET関西紀要』21号刊行(予定)
    Publication of JACET Kansai Journal No. 21
    2019年3月9日 第3回支部講演会・支部役員会@関西学院大学 梅田キャンパス(予定)
    Kansai Chapter 3rd lecture meeting / Chapter Board Meeting, Kwansei Gakuin University, Umeda Campus
    2018年11月17日 2018年度関西支部大会・関西支部総会@関西学院大学西宮上ケ原キャンパス(予定)
    JACET Kansai Chapter Conference / Chapter Annual Meeting, Kwansei Gakuin University, Uegahara Campus
    2018年11月1日 NL82号 刊行(予定)
    82号 / #82
    2018年10月13日 第2回支部講演会・支部役員会@同志社大学 今出川キャンパス(予定)
    Kansai Chapter 2nd lecture meeting / Chapter Board Meeting, Doshisha University, Imadegawa Campus
    2018年9月30日 『JACET Kansai Journal(JACET関西支部紀要)』21号投稿原稿締切(予定)
    The deadline for submissions to JACET Kansai Journal No.21
    2018年8月19日 第1回支部講演会・支部役員会@神戸国際会館(予定)
    Kansai Chapter 1st lecture meeting / Chapter Board Meeting, Kobe International House
    2018年7月31日 NL81号 刊行
    81号 / #81
    2018年5月20日 NL80号 刊行
    80号 / #80
    Copyright 2013 JACET Kansai Chapter. All rights reserved.